第五十九候 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)【20小雪-次候】11月27日~12月1日

第五十九候 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)【20小雪-次候】11月27日~12月1日

北風が木の葉を吹き払う時期です。「朔」は「はじめ」という意味でも使われます。

【旬】

木:落葉松(からまつ)

植物:八手(やつで)

 

鳥:かいつぶり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第五十八候 虹蔵不見(にじかくれてみえず)【20小雪-初候】11月22日~11月26日

第五十八候 虹蔵不見(にじかくれてみえず)【20小雪-初候】11月22日~11月26日

清明の末候「虹始見(にじはじめてあらわる)」に対応する候で、虹が見えなくなる時期です。

雨が少なくなるので虹も見えなくなります。

【旬】

実:龍の玉

木:南天

鳥:鴛鴦(おしどり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20.小雪(しょうせつ)11月22日(冬2)

20.小雪(しょうせつ)11月22日(冬2)

「雪、まだ大ならず」。雪はまだそれほど多くない時期です。

各地から「初雪」の便りが届くころです。

小雪

第五十八候 虹蔵不見(にじかくれてみえず)【20小雪-1初候】11月22日~11月26日

第五十九候 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)【20小雪-2次候】11月27日~12月1日

第六十候 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)【20小雪-3末候】12月2日~12月6日

 

 

第五十七候 金盞香(きんせんかさく)【19立冬-末候】11月17日~11月21日

第五十七候 金盞香(きんせんかさく)【19立冬-末候】11月17日~11月21日

水仙が咲き、よい香りを放つ頃です。雪の中でも香り高く咲くので「雪中花」ともいわれます。

 

【旬】

花:金盞花(きんせんか)

現在金盞花といえば菊科の黄色やオレンジの花のことをいいます。

 

鳥:ゆりかもめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)【19立冬-初候】11月7日~11月11日

第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)【19立冬-初候】11月7日~11月11日

山茶花(さざんか)の花が咲き始めるころです。

さざんかと椿はよく混同されてきました。さざんかの方が咲き始めるのが早く、椿は花ごとぽとりと落ちるのに対して、さざんかは一枚ずつ散っていきます。

【旬】

植物:石蕗(つわぶき)

魚介:ししゃも、牡蠣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19.立冬(りっとう)11月7日(冬1)

19.立冬(りっとう)11月7日(冬1)

冬の兆しが見え始める時期です。木枯らしが冬の使者としてやってきます。

 

立冬

第五十五候 山茶始開(つばきはじめてひらく)【19立冬-1初候】11月7日~11月11日

第五十六候 地始凍(ちはじめてこおる)【19立冬-2次候】11月12日~11月16日

第五十七候 金盞香(きんせんかさく)【19立冬-3末候】11月17日~11月21日

 

 

第五十四候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)【18霜降-末候】11月2日~11月6日

第五十四候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)【18霜降-末候】11月2日~11月6日

楓や蔦の葉が紅葉するころです。

【旬】

木:銀杏(いちょう)

景色:山装う(やまよそおう)

春・山笑う、夏・山滴る(したたる)、秋・山装う、冬・山眠る

星:星月夜