第六十四候 乃東生(なつかれくさしょうず)【22冬至-初候】12月22日~12月26日

第六十四候 乃東生(なつかれくさしょうず)【22冬至-初候】12月22日~12月26日

夏至の初侯、乃東枯(なつかれくさかるる)に対応する候で、「靭草(うつぼぐさ)」が芽を出し始める時期といいます。

【旬】

野菜:南瓜(かぼちゃ)

実:柚子

木:樅(もみ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22.冬至(とうじ)12月22日(冬4)

22.冬至(とうじ)12月22日(冬4)

冬至は1年で一番昼の長さが短い日です。夏至に比べると昼の長さは5時間近くも短いことになります。太陽の高さも1年で最も低くなりますから長い影をひくことになります。

ゆず湯に入ったり南瓜を食べるのも衰弱からの再生という意味合いがあったそうです。

第六十三候 鱖魚群(さけのうおむらがる)【21大雪-末候】12月17日~12月21日

第六十三候 鱖魚群(さけのうおむらがる)【21大雪-末候】12月17日~12月21日

鮭が群がって川を遡っていくころです。川で生まれた鮭は、海を回遊し、秋から冬に生まれた川に戻って産卵します。

【旬】

魚介:ずわい蟹

植物:ポインセチア

木:楪(ゆずりは)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第六十一候 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)【21大雪-初候】12月7日~12月11日

第六十一候 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)【21大雪-初候】12月7日~12月11日

空が閉ざされ本格的な冬になります。

冬日は一日の最低気温が0度未満になること。真冬日は最高気温が0度未満の日を指します。

【旬】

魚:鱈(たら)

風物:湯たんぽ

植物:万両

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21.大雪(たいせつ)12月7日(冬3)

21.大雪(たいせつ)12月7日(冬3)

雪がさかんに降るころという意味です。

大雪

第六十一候 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)【21大雪-1初候】12月7日~12月11日

第六十二候 熊蟄穴(くまあなにこもる)【21大雪-2次候】12月12日~12月16日

第六十三候 鱖魚群(さけのうおむらがる)【21大雪-3末候】12月17日~12月21日